マカとは

マカとはどのようなものでしょうか?

精力増強や滋養強壮、生理不順の改善をはじめとした不妊 対策などに効果があるとされているマカとはその正体がなんでしょうか。

 

マカとは

マカとは不思議なパワーを持ったアンデスの高原野菜ですが、その産地や栽培方法、色 や種類もさまざまです。

 

 

マカとは

 

 

マカ(Maca)は南米ペルーに植生するアブラナ科の多年生植物。根は薬用ハーブとして使われる。別名 macamaca, maino, ayak chichira, ayak willku。
属名 Lepidium はギリシャ語のLepidionから来ている。その実の形から、小さな鱗片という意味である。
ペルーでは広くマカと呼ばれている植物はSoukup(1970)によれば記録されている物で100種類あり、うち11種類がペルーに自生する。

以上はwikiより

 

まか【マカ】

〈栄養価が高く、ミネラルも豊富〉
マカはペルー原産のアブラナ科の植物で、標高4000m以上、年間平均気温7度以下というきびしい環境下で栽培されています。カブやダイコンの仲間で、円錐形(えんすいけい)の根を煮(に)たり焼いたりして食べますが、乾燥させて、おかゆや、発酵飲料マカチーチャの原料にもします。
マカは生命力が強く、土地の養分をすっかり吸い取ってしまうので、一度栽培した土地は数年間不毛になるといわれるほどです。

 

マカとは

 
○栄養成分としての働き
マカにはアルギニン酸やリジンなどの必須アミノ酸、リノール酸やα(アルファ)―リノレン酸などの不飽和脂肪酸が含まれ、米や小麦を上回る栄養価があります。不飽和脂肪酸は高血圧、高脂血症(こうしけっしょう)予防に効果があります。また、カルシウムや鉄はジャガイモ以上で、これらの栄養分が滋養強壮(じようきょうそう)の食材として珍重されてきたのです。
〈内分泌腺の活動をさかんにする〉
マカの知られている効果には活力増強、集中力の向上、ストレス軽減、更年期障害軽減、精力回復、不妊症の改善があります。これはマカに含まれるアルカロイド、ステロイド、サポニン、タンニン、アントシアニンなどの成分が、内分泌腺(ないぶんぴつせん)の活動を活発化するためと考えられています。免疫力を向上させるので、がん予防も期待されます。

マカの主な効果は「精力増強」「ホルモンバランスの正常化」「生理不順改善」「冷え性 改善」「疲労回復」「ストレス解消」「不妊治療」などを挙げられます。

 

マカとは

 

 

マカとは不思議なパワーを持ったアンデスの高原野菜ですが、その産地や栽培方法、色 や種類もさまざまです。ヤマノではマカに関する様々な情報を詳しくお伝えしています。

 

本物のマカとは. 現在、「マカ」は、滋養・強壮・更年期・不妊に対する栄養補助食品として 、老若男女を問わず 多くの方々に愛用され好評を得ております。