ed食事法

夫妻生活が幸せでなければ、それは二人間の感情を厳重に傷をつける可能性があります。それに、男の顔面を無くしてしまいます。若し君は自分を勇猛にさせたければ、下記のed食事法を試してみましょう。男がこう食べて、戦闘力が急に上昇できます。

男が女の前で「力」をあげなければ、面子もなくして、健康にもよくありません。ですから、自分を勇猛させたいなら、下記のed食事法を試してください。君の面子を取り戻させます。自信満々の男になりましょう。

 ed食事法 牛肉とジャガイモ

何を食べて壮陽できますか?牛肉の栄養価値が高くて、脾胃を強くできます。冬に牛肉を食べて、胃を暖める事ができます。但し、牛肉は繊維が粗くて、胃粘膜を刺激しますから、ジャガイモを入れて、胃を保護できます。それに、ジャガイモの栄養も良いです。牛肉にサトイモを入れて、補中益息、便秘を緩和できます。

 

syokuji

 

アヒルと山薬

アヒルは人体水分補充、補陰、熱解消、咳止めができます。山薬が補陰の力がもっと強くて、油を解消でき、肺臓を強くすることができます。

ed食事法 豚肉と玉葱

玉葱が脂肪の代謝を促進し、血液の粘度を低くすることができます。豚肉の高脂肪の副作用を減少します。豚肉は「万能」肉料理です。トウガン、百合と一緒に、腸道を潤う事ができます。昆布と一緒に、祛湿痒み止めができます。南瓜と一緒に、血糖を下げます。豆の芽と一緒に、利尿、腫れ解消ができます。

ed食事法 庭肉と栗子配合

庭肉が人体の造血功能を強化でき、栗子が脾臓を強くさせて、庭肉の栄養成分の吸収によいです。最高は老鶏で栗子と一緒に煮ます。

 

ed食事法 羊肉と生姜

羊肉は補血温陽、生姜は痛み止め袪湿、相互配合、生姜は羊肉の臭いを除去でき、温陽袪寒の効果発揮に役立ちます。羊肉は山薬と一緒に、補血、体を強くさせ、通便。香菜と一緒に、食欲そそり、壮陽。

  ed食事法 魚と豆腐

魚にメチオニンが多くて、フェニルアラニンが少ないです。豆腐がちょうど逆で、両方が一緒に食べると、相互補充になり、豆腐がカルシウムが多く、魚体内のピタミンDがカルシウムの吸収に役立ちます。老人と妊婦にいいです。

以上のed食事法は日常生活の料理を合理的に合わせていた治療法です。栄養な飲食によって楽に精力を上り、edを改善して自信満々な男になります。

ED漢方食事治療

ED患者にとって、ed治療薬を飲むのが一つの方法ですが、根本的に治すなら、普段で食事治療方法を取ったほうがよいでしょう。食事治療方法の中に、もっとも根拠ある、効果あるのは漢方によるものでしょう。五千年歴史もあり、古代皇帝が愛用されているED漢方食事治療を紹介します。

 

 

ED漢方食事治療方法の一:ニクジュウヨウと鹿ペニス・スープ(インポテンツ薬膳)

 

 

原材料:ニクジュウヨウ15g、水で浸した鹿ペニス100g、卵白3個、水浸しトウモロコシ破片10g、菜の花10g、ハム10g、酒10g、姜3g、塩3g、山椒水10g、素油25g、芡粉10gスープ適量、味の素3g、水浸しドンコ10g。

 

このED漢方食事治療の作り方:上記の食材を全部で鍋にいれて煮ます。

 

効果:ED治療、補腎益精、筋を強くし、骨を健康にさせ、腸道を潤い、通便ができます。特に腰膝がだるい、インポテンツ、腸乾燥、便秘等の患者に適用します。

 

 

nakaore-reason-000234ED漢方

 

 

 

ED漢方食事治療方法の二:ニクジュウヨウと羊肉のお粥

 

 

原材料:ニクジュウヨウ15g、精羊肉100g、うるち米100g、塩が少々、葱の白部2根、生姜10g。

 

このED漢方食事治療の作り方:普通のお粥と同じく、適当に宜しいです。

 

効果:ED治療、補腎助陽、健脾養胃、腸道を潤う。特に、腎臓が弱いによるインポテンツ、夢精、早漏、小便頻繁、夜間の尿が多い患者に適用します。

 

ED治療できる食物が多いです。例えば牡蛎、唐辛子、チョコレート、トリュフ、ニラ、鳩の肉、ロバの肉等があります。もっとも有効なのはニクジュウヨウという植物です。以上には、ニクジュウヨウでつくられるED漢方食事治療の二つを紹介しました。

 

 

そうろうを治す最適な治療方法

早漏は一般的に仕事の圧力が大きく、精神緊張、房事頻繁と関わり、自慰過度も早漏を起こす。

 

そうろうを治すから見ると、これらの群体は共同な特徴を持ち、即ち腎陽虚で、腎陽不足と言う物。

 

例えば、仕事の圧力が大きいだったら、必ず気分憂鬱になり、憂鬱は肝を損じるので、肝腎は同源で自然に腎臓に影響する物。

 

次に、初回の性交による精神緊張で早漏を起こすのはありうることで、然し、性交経験が豊富になった後、相変わらずに条件反射の様な早漏は、きっと腎臓の封蔵機能に問題があった。

 

または、房事頻繁なり、自慰過度なり、常にポルノサイト閲覧の男性は腎関がよく興奮な状態になって、腎陽を損耗し易くなり、腎臓が固まらなく、精関が弛めていくので、早漏を起こすことになる。

 

だから、この部分の群体は全部早漏の潜在な患者で、若し制約しなければ、早漏になる確率は約100%だ!

通常なそうろうを治す方法

 

そうろうを治すには、先ず節欲を主とし、それから腎陽を営養補給する薬を使うことで、腎の中に水火バランスを取らせて、腎水が足りて火も妄動しなければ、精関は自然に固まることになる。

 

用薬の選択上になるべく科学合理的に選択して、そうろうを治す薬を切実に、やみくもに。早漏は多くが累積的な病気で、絶対功を焦る様に大営養補給の薬、或いは成分不明な精力剤を使ってはいけないことで、ゆっくりに調理していくべきだ。

そうろうを治す按摩法

男性の性機能を高める為に、手で直接の陰嚢按摩の習慣を付けるのは方法の一つであり、いつも按摩すれば、睾丸が循環を改善出来る

 

常に睾丸へ絶えずに新鮮な血液を供給出来る為に、当然ながら睾丸の機能を増強出来て、男性の精力を高まる物である。

 

按摩は一日が一回で、一回は2-3分間で良い物。指で陰嚢の上部から睾丸を軽く揉む。若し時間が長すぎ、刺激が強すぎならば、逆に睾丸の機能が低下になる。

 

ご注意:「过ぎたるはなお及ばざるがごとし」は逆効果が出る。 按摩は一日一回が最適で、每日一回の習慣は偶然より大幅に効果が出る。

心理でそうろうを治す

目下、世界中に心理治療を図るのもあり、特に行為治療が効果あるのと思われている。

 

一般的に心理治療を通じ、患者へ関係な性知識を伝授出来て、患者に懸念を取り除き、焦りと緊張心理を減少させる様にして、または患者が筋肉弛めの方法を習得することによって、性交前の恐怖、不安を除去する様になる。

 

そうろうを治すのは夫婦双方の事情で、特に妻が治療に参与するのは非常に重要的である。早漏の心理治療に対して、患者の妻からの協力を取ること。

 

なぜならば女性の誤解や文句は男性の緊張、焦慮感上昇を起し、心理負担が加重になる。女性は思いやり、配慮の態度を持ち、言語及び行為の慰めを与えることによって、男性に緊張心理を緩めて、其の治癒自信を樹立させる様にする。