マカ 不妊

マカの不妊改善効果


アンケートによれば、我が国の不妊患者は既に出産年齢人口の12 . 5%を占めていると分かった。そして、20数年前、この不妊率は3%しかない。急速な増長率で増えている不妊す患者の中で、25歳~30歳の人数が多い。女性不妊症の原因は排卵障害、卵管要素や受精卵着床障害などが多い。男性不妊症の原因はインポテンツなどによる性交障害、精子通過障害と精子異常などが多い。多くの家庭は不妊に悩ている、ここでは生殖器官を刺激、妊娠に役立つマカの不妊改善効果を紹介する。

 

マカと不妊に関する実験によると、マカを含む食物を六ヶ月食べたネズミ(オス2匹、メス8匹)は普通食物を食べたネズミト(オス2匹、メス8匹)と比べて見ると、出産の小ネズミが10匹多かったと発見された。だから、不妊症の検査を行わず、不妊症治療をせず、また、治療効果が良く無い人にこのマカを強く勧める。

 

マカの不妊改善効果
マカの不妊改善効果

 

 

マカと不妊に関する研究史

 

1971年にアルカロイドでマウスを育て、出生のマウスの数が増え、マカは卵胞の成熟を促進する作用がある。

1973年に豊富なカルシウムとリンを含まれて、人体の発育や骨形成の促進、妊娠に役立つ。

1974年に果糖が多く含まれて新陳代謝を促進できる。良いエネルギー源として、疲労回復できる。

1976年に豊富な蛋白質を含まれて、妊娠促進、身体強化;悪性貧血の治療、妊娠環境を作る。海抜4000メートル以上の高原の住民に有効。

1978年に豊富な炭水化物、カルシウム、燐、鉄、ヨウ素を含まれている、内分泌腺に、特に甲状腺機能の回復に効果がある。不妊症を治療した畜牛は、生産能力を回復できる。

1980年に月経不順者に有効。イソチオシアネートは生殖にかかわると推定。

1988年にマカが生物化学物質を含んで脳の刺激、と生殖器官の刺激ができ、受胎能力を高める。

1989年にネズミと羊の受胎能力を促進できると分かった。

 

 

マカ 不妊

 

 

マカの不妊改善のメカニズム

 

マカは男女の性欲の高める、性機能の役割の向上に著しい効果があります。各国の専門家の研究によってマカに含まれる唯一のマカセンとマカセラミドの2種類の植物性機能の活性物質はとても重要な役割を果たしていると分かった。それから、glucosinolateとBenzylisothiocyanate及びステロールなどの物質も性機能に良好に促進作用がある。

 

同時にマカは生育能力を明らかに効果を高めことができる。そのメカニズムはマカは倍以上に女性成熟卵胞小体の数と活性を高めることができ、女性の受胎能力と受胎機会を向上できる。男性にも倍以上に精子の数量と強化精子の流動性を向上できる。

 

マカと不妊に関する研究と臨床の実証によると、マカに大量の「アミノ酸の母」と呼ばれたリジンと従来から「アミノ酸の父」と呼ばれたアルギニンを含まれている。リジンは女性受胎能力を調整する作用がある。男性生殖細胞成分は80%がアルギニン、アルギニン精子の主要成分であり、有効的に精子の品質と運動性を向上できる。これらの物質は生殖器官を刺激することができ、受胎に有利だ。

 

また、マカに含まれる様々なアルカロイドはメス成熟卵胞小体の数を有効的に増加でき、さらにオス精子数を増加させる。マカに含むアミノ酸の中のフェニルアラニン、チロシンとヒスチジンは性機能中枢合成の神経係前の信号通しの物質であり、性生活品質を向上に役立つ、中に含む所微量成分は性能力を増強できる。マカに含む多糖類の果糖は精子の運動に動力を提供できる。マカは女性の乳汁の分泌、月経不顺の調整、妊娠胚の発育と生存率の強化などの役割がある。

 

マカは人体に対して性機能の改善、生育力の向上という働き原因が外因性生殖ホルモンではなく、特有の天然植物型生物活性物質と豊富な栄養の成分は人体自身の各器官の保有の機能を刺激することによって、自然に人体必要な各種のホルモンを分泌させる。マカセンとマカアミドが人体の消化を通した後、血液に入って、脳下垂体や卵巢や睾丸など性腺システムに入り、性ホルモンの分泌を調整し、人体自身に性ホルモンの分泌をさせ、正常のレベルを保ち、性能力の改善と出産能力を改善することによって、マカは不妊症を治す目的を達成するからだ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です